2013年02月03日

中谷彰宏さんにお会いしてきました

先週、作家の中谷彰宏さんにお会いしてきました!

今年は参考にしたいなと思ってる人がいたら
できるだけ直接会いに行ってみたいなと思っているのですが、

その最初の行動として、
先週中谷さんの主催する中谷塾に参加してきたんですよね!

年末にセミナーにも参加していた
土井英司さんのセミナーCDを、
年始に新しく購入していたのですが、
その中の、土井さんと中谷さんの対談CDがすごくおもしろくて
それで、お会いしてみたいなと思ったんですよね。

調べてみたら、毎週のように
中谷塾という少人数での講義を行っていたので
すぐにその週の土曜日の回に参加させてもらいました。

一番聞いてみたいなと思っていたのは、
800冊を超える著書を出されている中谷さんの
インプットのポイントですね!

対談CDの中で中谷さんは、

『すごいと思う人のアウトプットを真似するのではなく、
インプットを真似するといい』


と言っていて、ぜひぜひ中谷さんから
その話を聞いてみたいなと思っていたんですよね。

中谷塾は本当に少人数で行われていて、
自分が参加した回は、
全部で16人くらい、男女半々といった回でした。

おもしろいのは、
一方的に中谷さんが話し続けるのではなくて
参加している方との掛け合いで話が進んでいくことですね!

参加している方も、ぽんぽんと
おもしろい回答をしていてすごいなと感じました。
けっこう常連さんが多いようですね。

その中でも、一番おもしろかったのは、
東京駅の新幹線の清掃員の方が、
駅に新幹線が着いて、次に出発するまでの何分間の間に
何をしているか、ということを考えるワークですね!

中谷さんから質問があって、
それをみんなで考えていくスタイルだったのですが、

こういったことって、
意識していないと全く気づけないことですよね!

新幹線の話で言うと、
駅に新幹線が着いて出発するまでの時間の平均時間が
12分間ということなのですが、

駅に着いてお客さんが降りる時間と
次のお客さんが新幹線に乗る時間も考慮しないといけないので、
実質はその間の限られた時間ですよね。

これは、答えを知ることが大事なことではなくて、
まずはそこに気づけるかが大事なポイントですよね!

この話を聞いてから、
実は遠くのすごいことに興味を持つよりも、
日常のささいなことに気づけることの方がすごいことなんだなと
気づくことができました。


まさに、自分が中谷さんから聞きたいと思っていた
内容の答えがこれになりますね!

中谷さんは、日常のあらゆるところを見ているからこそ
800冊という著書を出すことができるんですよね!

自分も昨日、今日と行ったレストランで
あっ、この人のここがすごいんだなって気づくことができたり、
(昨日行ったお店の店員さんの接客がすごくよかったので
 今日もまた同じお店に行ってきたんですよね!
 そうしたらやっぱり同じ店員さんがすごくよかったです。
 サーブしてくれるときのちょっとした一言や、
 自分が飲み物のお代わりをしたいと思う
 まさにそのタイミングで声をかけてくれるんですよね!
 こういう人は一気にファンになってしまいますね!)

逆に、友達同士でライブに来ている人の、
そこは直したほうがいいんじゃないかなっていうところにも
気づくことができました。
(昨日、今日とファンキーモンキーベイビーズのライブに
 参加してきたんですよね!本当にすごいライブでした!
 これだけ一体感のあるライブはなかなかないと思います。
 解散してしまうのが残念です。。)

本当に、日常にこそ学びになることが溢れているなと思います。

できるだけその1つ1つに気づける自分でいたいなと思います。

中谷さんは実際お会いしてみても
かっこいい人で、中谷さんから提案して頂いて
一緒に写真を撮ってもらったりもしました。

今年は、どれだけ日常のささいなことに気づけるかということも
1つ目標にしていきたいなと思います。

posted by makoto at 23:55| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

2013年の働き方を考える

今年もう1週間を切りましたね!
土曜日に今年の締めくくりとなる
セミナーに参加してきました。

土井英司さん主催の
「2013年の働き方を考える」
というテーマのセミナーですね。

☆セミナー詳細
 http://eliesbook.co.jp/archives/426

まさにこのテーマの通り、
来年に向けて具体的に動いていくためのヒントを
いろいろもらえた1日になりました。

特に自分をプロデュースするという観点で
得られたものが大きかったですね!


今回ゲストの方は3名来られていました。

その3名とは、

マネーの虎で有名な高橋がなりさん

いくつもの企業の評価システムを
構築してきたという平康慶浩さん

そして今年情熱大陸にも出演していた
安藤美冬さんですね!

簡単にそれぞれの方の感想を書いてみますね!

1人目の高橋がなりさんは、
テリー伊藤さんとのエピソードがおもしろかったのですが、

特に、事業を行う上での信念や、
日陰のところに光を当てて意義を与えるという
心構えがすごく参考になりましたね!

背も高く、オシャレでカッコよくて、
それでいて懇親会のときには写真を頼まれた相手に
チョークスリーパーをしているところなんかは
さすがだなと思いました!

2人目の平康慶浩さんは、
今回初めて知った方なのですが、

土井さんの質問にも的確に答えられていて、
非常にわかりやすく企業から見た従業員への評価について
語ってくれました。

特に、会社員の立場でいる自分としては、

・会社が要求していることをしているか?

・会社がどこで儲けているか?
 (それぞれの会社のビジネスモデルの違いは?)


という点を改めて考えてみたいなと思いました。

3人目の、安藤美冬さんは
そこまでやるから人が助けてくれるんだなという
人たらしなエピソードとその姿勢が印象に残っていますね。

特に、自分のことだけではなく
いいことであれば周りも巻き込んでやっていく姿勢が
大事なんだなと思いました。

それと、安藤さんが作っている
マイルールの話がすごくおもしろくて、

・1日1つ新しいことをする

というマイルールは、自分も真似していきたいなと思って、
今実践中です。

そういう視点で過ごしていると、
仕事やプライベートでもいろいろ気づくことがありますね!

ポイントは小さいことからやっていくということだそうです。

安藤さんには懇親会のときに
自分を魅せるファッションについて少し聞くことができたので、
来年はそういった点でも考えてみたいなと思いました。

2012年もあと少しですが、
この12月には、今回のセミナーを含め
来年に向けての足がかりとなることがいくつかできたので、

来年は、それを1年間続けつつ、
具体的な行動として形にしていけたらと思っています。

来年の目標もすでに固まったので、
あとは年末年始の時間を通して、
細かい部分を考えていけたらいいですね!

年末年始はひさびさに海外で年を越してきます!(笑)


posted by makoto at 00:18| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

クリスマスチャリティ2012

ディズニー_03.jpg

今日は、ここ最近毎年参加している
ディズニーランドでのクリスマスチャリティに参加してきました!

今回で6回目(6年目)の参加になりますね!(笑)

クリスマスチャリティを簡単に説明すると、

事情があって両親と離れて施設で暮らしている子どもたちを
ディズニーランドに連れて行ってあげる、というイベントになりますね!

大人1人が子ども1人分を払ってあげるような
イメージになりますね!

☆クリスマスチャリティの概要

☆昨年参加したときのブログ

今回一緒になったのは、
小学校2年生の女の子と、
小学校1年生の男の子と女の子の、子ども3人に、

先生が1人、そして大人が4人の、
計8人のグループで動いていました。

全体としては、子どもを130人招待していると聞いているので、
大人もいれると全部で300人くらいの規模になりますね!

単純に8で割ると、
約38グループができていたことになりますね!

今回も自分はその中で、1つのグループの
グループリーダーをさせてもらいました!

今回の子どもたちは、小学校1〜2年生と
まだ小さい子どもたちだったので、
いかにもジェットコースターというものよりも
もう少しかわいい乗り物の方が好きなようでした。

最初は3人とも先生にべったり引っ付いている感じでしたが、
徐々に徐々に打ち解けてくれましたね!

特に、ちょっと早めのランチを取った辺りから、
子どもたちもだいぶ馴染んでくれて、
笑顔も増えて、お互いちょっかいを出して
ふざけあったりするようなことが増えてきました。

お昼ごはんのあとは、入ってすぐにファストパスを取っていた
スプラッシュマウンテンに行く予定だったのですが、

急な雨が降ってきて、かなり寒くなってしまったこともあって、
子どもたちとも相談して、離れた場所にある
スプラッシュマウンテンに行くことはやめて、
急きょ近くのお店で、お土産タイムにすることにしました。
(少しして雨が少し弱まってから、ランドの入り口近くの
 お土産屋さんに移動しました。)

このときに、子どもたちがそれぞれがみんな、
お気に入りのお土産を買うことができて、
ここでまたテンションが上がりましたね!

特に小学1年生の男の子は、マジックショップで
お気に入りのマジックを2つ買うことができて、

途中、アトラクションの待ち時間に
説明書を読みながらマジックのやり方を教えてあげたら、

その後はずっと、そのマジックを
みんなに披露していましたね!(笑)

得意げな顔がすごくかわいかったですね!

このとき、男の子が披露していたマジックは
マジックブックというものなのですが、

すごくおもしろくて、本のめくり方によって
すべてのページが白紙になったり、
カラーのイラストが描かれたページになったり、
白黒のイラストのページになったりと、

何度見ていても、楽しいマジックでしたね!
(ちょっと不思議なマジックでもありましたね!)

多分、これから友だちや先生に
いっぱい披露するんだろうなって想像するだけでも
楽しいですよね!

ちなみに、アトラクションの中では、
スタージェットとゴーカートが
特に子どもたちのお気に入りだったみたいです。

イベントも終わりを迎えて、
最後に、バスで帰る子どもたちを見送っているときには、

男の子がまたバスの中からマジックを披露してくれて、
なんかすごく幸せな気分になりましたね!

女の子2人もずっと笑顔で手を振ってくれて、
そんな笑顔がすごく心に残っています。

毎年そうですが、今年もまた
心に残る1日を過ごせたなと思います。

今年もあと1ヶ月ですね!

ディズニー_01.jpg

ディズニー_02.jpg

ディズニー_04.jpg

ディズニー_05.jpg


posted by makoto at 01:45| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

No day but today

『No day but today』

過去でも、未来でもなく、
今、今日という時を生きていこう。


ミュージカルRentからのメッセージですね!

Rentは、6年前に初めて
ブロードウェイ版(来日)を観て以来好きになって、
翌年にもう1回ブロードウェイ版(来日)を観て、
今年初めて日本語版を観てきました!

☆5年前のブログ(2回目を観に行ったときのブログ)
 http://yousyo-cafe.seesaa.net/article/73668421.html


英語版もよかったですが、
日本語版もすごくいいですね!

今日を含めて3回も観に行ってしまいました!(笑)

Rentのよさは、音楽のよさと、
そのメッセージ性と、
そして何より舞台がカッコいいことだなと思っています!

ついついライトの当たっているところに
目が行きがちですが、

ライトの当たっていないところを見ているのも
楽しいんですよね!

1人何役かの役者さんも何人かいるので、
暗闇の中で、帽子をかぶったり、ジャケットを変えたり、

お客さんの目が他の人に向いている間に
舞台上で一瞬にして他のキャラクターに切り替わる様子は、
見ていてさすがだなと思います。
(じっくり見ていないと気づかないとは思いますが。)

そういった意味で、光の使い方や、俳優さん達の動き方、
舞台装置の動かし方を観ているのも楽しいんですよね!

俳優さんでは、シンガーでもある上木彩矢さんが
特にすごいなと思いました。

モーリーンという少しはじけた役どころなのですが、
めちゃくちゃ舞台での存在感がありましたね!

それと、ミミを演じるジェニファーさんも
すごくよかったですね!
(ミミは曲がすごく好きなんですよね!)

そんなRentですが、6年前にRentを観に行ったときには、
すぐあとのクリスマスチャリティーで
同じグループになった3人のうち2人が、
同じ会場でのRentを観ていて、
すごくびっくりしたのを覚えています。

しかもその2人は、英会話学校の英語劇で
実際にこのRentを演じることになっていたんですよね。

なんかおもしろそうな英会話学校だなと思って
1週間後くらいに見学に行ってみたら、
そのときに見つけたのが
廊下に貼ってあった地球探検隊のチラシでした。

今はカナダに住んでいる元地球探検隊のスタッフが
その英会話学校に通っていたんですよね!

それが自分と地球探検隊との出会いですね!

それからさっそく中村隊長の本を買って、

年明けの探検隊年始日の1/4にオフィスに行って
隊長から1対1で熱い話を聞かせてもらって、

そこから何度も旅に参加させてもらうようになって

そして、今に至るという感じですね!(笑)

地球探検隊と出会ってから、
特に"人"という意味で
世界がすごく広がったなと思っています。

また1週間後には、
今年のクリスマスチャリティーに参加してきますが、

またこのRentから何かが広がってくれたらいいなと思っています!

少し昔を振り返ってみて思うことですが、

いくつものつながりが重なって
今というときが形作られているのなら、

やっぱり今というときを大事にしたいなと思いますね!

そして、今を大事にすることで、
その先の未来も、

さらには、過ぎ去った過去でさえも
いい方向に見方を変えていけたらいいなと思っています。

今できることを1つ1つ重ねていくこと。

多分それが自分には合った生き方かなと思っています。

少しずつ重ねることで、
少しずつ自分にできることも
増えていっているのを感じているので、

一生それを続けることが自分にとっての密かな目標ですね!

今年もあと1ヶ月ちょっとになりましたが、
最後まで楽しんでいきたいですね!

明日はウエストサイドストーリー(劇団四季)を観てきます!(笑)


posted by makoto at 00:56| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

ニューイヤートレーニング2012

ニューイヤートレーニング.jpg

昨日、今日の2日間、
3年ぶりにビジネスNLPのニューイヤートレーニング
参加してきました!

今回、何よりも講師陣の方々が
すごい人ばかりでしたね!

☆3年前のブログ
☆ビジネスNLP ニューイヤートレーニング2012(詳細)

1日目の昨日が、

居酒屋てっぺんの大嶋啓介さん

ベストセラー作家でもある岡本史郎さん、

カリスマ体育教師で有名な原田隆史さん。


2日目の今日が、

たくさんの著作でも有名な神田昌典さん

佐賀のがばいばあちゃんの島田洋七さん、

そして主催者でもあるビジネスNLPの芝健太さんでしたね!


会場は六本木ヒルズの49階で、
1日目の懇親会はそのままヒルズの51階ででしたね!

少し振り返ってみると、

1日目の昨日は、

大嶋啓介さんが、ワクワク感をテーマに
チーム作りや個人のモチベーションアップの
話をしてくれたかと思えば、

岡本史郎さんは、コンサルタントとしての視点に
歴史的な視点を絡めつつ、普段聞くことのできない
今世界で起こっていることの本質の話をしてくれ、

原田隆史さんは、カリスマ体育教師としての
涙あり笑いありの熱いエピソードを中心に、
子供たちや組織を育てる具体的なアプローチの方法を
教えてくれました。

原田さんの話は、ぜひ先生をしている弟にも聞いてほしいなと思って、
懇親会のあと弟に電話してしまいましたね!(笑)

来週、明治大学でチャリティー講演会があるということで
そのお誘いの電話をしたんですよね!
(今は弟にスケジュールを確認してもらってるところですけどね)

たまたま友人がその講演会のスタッフもやっているので
友人にも電話して今からでも参加可能か確認もしてもらいました。

☆原田隆史さんチャリティー講演会

2日目の今日は、

神田昌典さんが、これから数年の展望を軸に、
他の人が喜ぶようなことをしてあげる利他の心が、
結局自分にも周りにもいい結果を残してくれるという
話をしてくれたところから始まり、

島田洋七さんは、1時間20分の間、
一度も爆笑が途切れることがなく、
でもその中にもいろいろ考えさせてくれる話をしてくれました。
島田さんが何度も強調していましたが、
"笑い"にはすごい力があるなと感じました!

そして最後に、芝さんによるNLPのワークを行って、
2012年の目標を確認したところで、2日間のセミナーは終了しました。

本当にどの方の講演も素晴らしくて、
なかなか聞くことのできない話を
たくさん聞かせてもらうことができたので、

聞いた話をこれから少し時間をかけて自分の中に落とし込んでいって、
気になったポイントについては自分でもいろいろ調べたり、
実際にやってみたいなと思います。

今年も一年、今日感じた気持ちを大事にしながら
過ごしていけたらいいなと思いますね!


posted by makoto at 00:12| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

クリスマスチャリティ2011

クリスマスチャリティ2011_05.jpg

今日は通算5回目となるクリスマスチャリティで
ディズニーランドに行ってきました!

☆クリスマスチャリティ概要
 
☆過去の参加時のブログ
 ⇒2010年
 ⇒2008年
 ⇒2007年

1週間前から天気予報を何度もチェックして
雨の予報が変わらないかなと期待していたのですが、

朝起きてみても、あいにくの雨。。

しかも雨足がけっこう強くて、衣服が濡れて
寒さもじわじわ効いてくるような天気でした。

子どもたちと合流してからも、雨が降っていた午前中は
寒さのせいか、ちょっと元気がないのかなと思っていました。

それが11時頃に早めのお昼ご飯を食べて、
続いてのキャプテンEOを見終わったところで外に出ると、

雨が止んでいて、ここからはそれまでの寒さが
ウソのようなあたたかい天気に!

子どもたちもここからは一気に元気になってくれました!

今回一緒だったのは、
小学校4・5年の男の子1人に、女の子2人。
それに先生と、大人が4人の計8人で動いていました。

朝から雨が降っていたことで
1つよかったなと思うことがあるとすれば、

雨でパークが空いていたので、
アトラクションにいっぱい乗れたことですね!

例年ものすごい混みようなのですが、
今回がダントツで乗れましたね!

しかも晴れだした午後からは、
子ども達の一番の希望であるジェットコースター系に、
スプラッシュマウンテン、スペースマウンテン、
ビッグサンダーマウンテンと連続で乗ることもできました!

このときの子ども達の目の輝きがよかったですね!
(スプラッシュマウンテンに乗りながら、
 一緒に「やっほー!」って叫んでましたね!(笑))


最後に全体で集まったときにも、

進行役の方が子ども達に
「何が楽しかった?」と聞いたときに、

手を挙げて答えてくれた3人のうち2人が
自分のグループの子どもたちで、
これは本当にうれしかったですね!

子どもたちだけで100人いるこのイベントで、
さっと手を挙げて楽しさを伝えてくれたってくれたことが
何よりうれしかったんですよね!


今回もグループリーダーをさせてもらいましたが、
ファストパスの取り方等々、
チームワークよくできた結果かなと思っています。

今年もまた自分にとっても楽しい1日になりましたね!

クリスマスチャリティ2011_01.jpg

クリスマスチャリティ2011_02.jpg

クリスマスチャリティ2011_04.jpg

クリスマスチャリティ2011_06.jpg

posted by makoto at 02:18| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

レンコン(恋婚)ワークショップ

恋婚ワークショップ.jpg

今日は、知り合いのゆうさんから撮影をお願いされて、
レンコン(恋婚)ワークショップに参加してきました。

☆レンコン(恋婚)ワークショップ

撮影にあたり、外からただワークショップの様子を撮影するよりも
一緒に参加させてもらった方が、
自分にとってもそうだし、
参加者の方にとっても抵抗感が少ないかなと思ったので
一参加者という立場で写真を撮らせてもらいました。
(もちろん最初に写真を撮ることの了承をもらってですね。)

レンコン(恋婚)ワークショップって
どんな内容だろうって思う方が多いと思いますが、

例えば、事前に偏愛マップというものを作ってきて
それを使って話してみたり、
(偏愛マップは、自分の好きものについて
 A4の用紙に書き出してみたものになります。
 自分も初めて作成したのですが、
 これがあると初対面の方とも話が弾みますね!)

2人組になって、
いろいろ聞き方を変えてのワークをしてみたり、

ワールドカフェという手法を使って
グループに分かれて話をしてみたり、

恋愛だけじゃなく、コミュニケーションを向上させていくための
ヒントみたいなものをいっぱいもらえたなと思います。

雰囲気も終始和やかな感じで、

話をただ聞くだけじゃなくて、
参加者の方々とお互いに話す時間が長いので
なおさら『あっ、こんなふうに思ったりするんだな』
っていうのがわかって面白かったですね!

それは同じ男性の考え方もそうだし、
女性の考え方についてもそうですね。

ワークショップが終わった後は
そのまま懇親会に参加したのですが
おいしい料理と心地よい雰囲気で
あっという間に時間が過ぎていった感じでしたね。

次回は7/16(土)に予定しているということなので
もし興味かある方がいれば参加も検討してみてくださいね。

p.s ポストカードを作っていって、参加者の方にプレゼントしました!

恋婚ワークショップ_2.jpg

posted by makoto at 01:24| Comment(2) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

あなたの夢は何ですか?

今日は、水道橋のJCBホールでドリプラを見てきました!

ドリプラ「ドリームプラン・プレゼンテーション」の略で、
もう少しわかりやすく言うと、「夢のプレゼン」ですね!

☆ドリプラの詳細はこちら

書類選考、予選を勝ち抜いた8名の方々が
今日の本選でご自身の「夢のプレゼン」を披露したのですが、

さすがにこの8名に残っている方たちだけあって、
どの方も本当に素晴らしいプレゼンだったなと思います。

何が素晴らしかったかと言うと、
どの人もやっぱり本気なんですよね!

その本気さが伝わってくるから、
いいなって思えるんだと思います。

プレゼンって、

「いかに聞き手に自分事だと思わせるか」

が大事だと思うのですが、どのプレゼンも

「自分ならどうするだろう?」

とか

「自分にだったら何ができるだろう?」

と考えさせてくれて、
だからこそ聞いていて心が震えてきたんだと思います!

それは決して、話し手の方だけの夢なんじゃなくて、
ここでその話をしてくれたということで、
それを聞いた自分にとっても
ひとつの夢として残ってくれるからですよね。


今回のブログのタイトルに
「あなたの夢は何ですか?」
としてみたのですが、

夢を持たないといけないとか
そんなふうには思っていなくて、

ただ夢が力を与えてくれるのならば、
自分自身の強い夢を持つのもいいけれど、

誰かの夢を応援してみるのだっていいんじゃないかなって
今日ドリプラを見ていて思ったんですよね。


どんなことだって1人で成し遂げることはできないと思うので、
誰かを応援できるってことも、
すごい力なんだなって思いますね!

その応援したり、応援されたりっていう関係が、
また新しい夢にもつながっていったりしますよね!


今回のドリプラには、友人がスタッフとして関わってもいたので、
急遽お願いされて後片付けの手伝いにも参加してきたのですが、

ただお客さんとしてだけでなく、
ほんのちょっとだけですが、運営する側の手助けとしても
力になれたのでよかったなと思います。

ドリプラが終わった後は、
そのまま一緒に来ていた友人2人と飲みに行って、
今日のドリプラの話も含めてかなり熱い話ができました。

途中マクドナルドに場所を変えたりして、
計4時間以上話してたんですけどね!(笑)

なんか今日は1日、体の内側から熱くなれた1日だったなと思います。

「あなたの夢は何ですか?」

「あなたが応援してあげたい夢は何ですか?」

少しだけ時間をとって、そういうことを考えてみてもらえたらいいなと思います。

自分もまた考えてみたいなと思いますね!


posted by makoto at 02:50| Comment(2) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

クリスマスチャリティ2010

クリスマスチャリティ2010.jpg

今日は、2年ぶり4回目となるクリスマスチャリティへの参加で
ディズニーランドに行ってきました。

☆クリスマスチャリティ2010
☆過去のクリスマスチャリティの記事
 ⇒2008年の記事
 ⇒2007年の記事


何回参加してもこのイベントはいいなと思います。

今回一緒のグループで回ったのは、
14歳の女の子1人、12歳と10歳の兄弟、先生、
そして大人が自分を含めて5人の、
計9人で回っていました。

今回も事前に立候補して、
グループのリーダーという形で参加してきました。

リーダーだから特別に何をしようとは思っていなくて、
子どもたちが楽しく過ごせるように
ただその1点の気配りを心がけていたくらいですね!

今日はすごくいい天気だったので、
すごく混んでいたのですが、

列に並びながらも、子どもたちと
指相撲したり、あっちむいてほいしたり、
いろいろ話をしたり、そういうのが楽しいですよね!

途中、1人の子がビックサンダーマウンテンのファストパスと
パスポートが入ったケースを落としてしまうハプニングもありましたが、

でもディズニーのスタッフさんに聞いたらちゃんと出てきたんですよね!

これだけ混みあっている中でも、
スタッフ間での連絡がしっかり取れていて、
すぐに出てくるっていうのは、
やっぱりさすがディズニーランドだなと思いました。

いつもそうですが、子どもたちと一緒に過ごしていく中で、
どんどん打ち解けていけるのを感じられる瞬間が
すごく好きですね!


やっぱり自分は子どもが好きなんだろうなと思います。

だからこそ何回でも参加したいと思えるのだろうし、
特にクリスマスの時期というのは
ただそれだけで一緒に参加してて楽しいですよね!

また来年も参加したいなって思うし、
今年もまたすごくいい時間が過ごせました!

一緒に回った方たちもすごくいい感じで、
こういう出会いもまたいいなと思いますね!

posted by makoto at 02:34| Comment(1) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

『取材力の鍛え方』セミナー

今日はかなり久々にセミナーを受講してきました。

エリエスブックコンサルティングの土井英司さん主催による

『ベストセラー作家になるための「取材力」の鍛え方』

というセミナーです。

ゲストに小松成美さん上阪徹さんの2名の方を招かれて、
「取材力」というテーマについて、プロの視点で切り込んでいきます。

☆詳しい詳細HPはこちら 

☆土井英司さん
 出版マーケティングのコンサルティングを手がける
 有限会社エリエス・ブックコンサルティング代表取締役で、
 元Amazonのバイヤーであり、『「伝説の社員」になれ!』の著者でもあります。
 ビジネスという視点で何かを考えたいと思ったときに、
 今一番参考にしている人です。

☆小松成美さん
 イチローさんやサッカーの中田さん、XジャパンのYOSHIKIさん、
 など、自分の印象ではもしかしたらマスコミがあまり好きではないのかなと
 感じる方々に、それぞれ10年に渡るような長期取材を行い、
 多数のノンフィクション作品を書かれている方で、
 実際にお会いしてみて、笑顔がすごく素敵な方だなと思いました。
 本を読んでいて落ち着いた感じをイメージしていたのですが、
 いい意味ではきはきとした感じの方でしたね。

☆上坂徹さん
 上阪徹さんは今回受講するにあたって初めて知った方だったのですが、
 実は取材者が3000人を超えるインタビューのプロの方で、
 インタビューをまとめた『プロ論』など、多くの著作で
 ライターとしての経歴があります。
 今回具体的なインタビュースキルを多数教えて頂きました。

(土井さん、小松さん、上坂さんの詳しいプロフィールは
 上記リンクのHPにも書かれていますので、参照してみてくださいね!)
 

それでは、なぜそもそも自分がこのセミナーを受講しようと思ったかですが、

自分はどちらかというと自分の話をするよりも
他の人の話を聞くのが好きなのですが、

その"聞く"という部分を伸ばすヒントになればと思っていたことと、

前々から土井さんのセミナーには1度参加してみたいと思っていたんですよね!

土井さんのオーディオCDは、8枚ほど購入して繰り返し聞いていますが、
そのどれもが、具体的で、確かな視点があって、
ビジネスを考えていく上で実際の行動につながる話が
ばんばんに盛り込まれているんですよね!


ビジネスブックマラソンという毎日送られてくる
ビジネス書の書評が書かれたメルマガも発行されているのですが、
いいビジネス書を読みたいと考えている方にはかなりおすすめですよ!

☆ビジネスブックマラソンのHPはこちら
 
今回は、土井さん、小松さん、上坂さんという
プロのインタビューア3人の話し手に対し、

受け手の方々も、受講者80人のうち、少なくとも6人の著者の方に、
ライターさん、編集者の方、これから出版を控えている方がほとんどだったので、
受け手もまたプロの方なんですよね。

だからこそ、そこで話される話も
かなり中身が濃い話が聞けたなと思っています。

途中ワークもありましたが
正直あまりうまく書くことができなくて
でもそれが今の自分の力なのかなと思います。

その今の自分を知れたということが大きいですね!

今の自分を知れるからこそ、
これから伸ばしていけると思うんですよね!


今日聞いた中で強く印象に残っているのは、

取材をしていく上で1人の人の人生に向き合っていく
「書く側の覚悟」と、そして「書かれる側の覚悟」について。

その覚悟に真正面から立ち向かえるからこそ
いい作品と呼ばれるものが書けるのだと思います。


以下、他に気になったキーワードを記載しますね!
(自分の中でも再度取ったメモを見て落とし込んでいく作業が
 必要なので、ざっくりとしたキーワードになっていますが。)

【気になったキーワード】
 ・取材力とは?
 ・人と違った問いを立てる重要性。
 ・取材の際にしておく準備について。
 ・質問リストを作る。
 ・取材のオファーの出し方。
 ・相手のメリットを考える。
 ・思わず本音をもらす質問の技術。
 ・聞き漏らしをなくすためのフォーマット作り。
 ・ターゲットを想定して書く(ターゲットなしでは書けない)。
  =ターゲットを想定するから聞ける。
 ・わかったようでわからない言葉は使わない。
 ・形容詞を使わない。
 ・マナー、礼節をしっかりとする。
 ・聞きにくい質問の聞き方。
 ・取材相手とは友達にならない(ネガティブなことが書けなくなる)。
  その関係性があるから長く付き合える。
 ・話しやすい環境を作る。
 ・知らないということをきちんと伝える。
 ・おもしろいノンフィクションとは?
 ・新米のライターさんへのアドバイス。
  活字となって残るものなら絶対にどんな仕事でもやったほうがいい。
  自分の仕事に興味を持ってくれる人が現れる。
 ・自分をプレゼンテーションできる言葉を持つ。


今日は懇親会にも参加してきたのですが、
土井さんと同じテーブルだったこともあり、
直接いろいろ話を伺うこともできました。

もし本気で出版を考えていたり、
本気でビジネスについて考えたいという人には
土井さんのセミナーはおすすめですよ!

posted by makoto at 00:30| Comment(2) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

フィリピンのゴミ山『バスーラ』上映会

バスーラ.jpg

今日は、ママチャリのもりくんに誘われて
映画『バスーラ』の上映会に行ってきました!

☆『バスーラ』の詳細はこちら

バスーラは、フィリピンのゴミ山で暮らす人々を描いた
ドキュメンタリー映画で、

自分も3年前にカンボジアでゴミ山に行ったことがあるので
なんかその映像だけではわからない
においとかそういう部分も含めて想像ができました。

☆自分がカンボジアを旅した時のブログはこちら

でも今回改めて感じたこととして、

ゴミ山というところが存在して、
確かに劣悪な環境なんだけど
単純にそこをなくせばいいという話にはならなくて、

なぜならそこでゴミを拾って生計を立てている人がいて
他に仕事がない現在の状態からは

「それもまた生きるための仕事である」

という事実ですね。

生きるための環境が整わなければ、
学校に通うこともできないし、

教育を受けられなければ、
結局同じ生活を続けるしかないんですよね。


しかも教育を受けたから単純にうまくいくということではなくて、

何百年も続いているフィリピンの社会制度が
そこに大きく妨げとなって関わってきているみたいなんですよね。

この映画は

『生きるとは何だろう?』

と考えさせてくれる映画だなって思います。

でもすべてが悲観的なのではなくて、

実際自分がカンボジアに行ったときに感じたのは

何よりもきらきらした子どもたちの笑顔でした。

悲しい事実はもちろんあるけれど、

「生きることの幸せ」

をもしかしたら日本よりも感じているかもしれないな
って思うんですよね。

カンボジアに行ったときいいなと思った言葉があって、
それは、

「どちらかが支援して、どちらかが支援される関係なのではなくて、
 「ともだち」になる」


という言葉です。

ともだちだから、お互いがお互いにできることをしあって、

自分たち日本人ができることもあれば、

逆に彼らからは、笑顔であったり、物質面ではない
"何か"をもらえたりするんですよね。

どちらかがどちらかに依存してしまう関係というのは
きっとよくないんだと思います。


自分にできることを考えながら、
まずはそういう事実がある、ということを受け止めながら、
少しずつでも行動に移せていければいいのかなと思います。

最後に、購入したパンフレットに書いてあった
筑紫哲也さんの言葉を紹介しますね。

筑紫さんの娘さんが、この世界情勢を熟知している父に向かって
「どうして悲観に陥ったり精神を病まずにいられるの?」
という問いかけをしたときの答えです。

「一本のろうそくだと思うんだよ。何をしても無駄だと絶望するのは
 容易いけど、一本でも灯せばそれは真っ暗闇じゃない。
 大したことをしようと思わないで、一本のろうそくを絶やさないこと」


自分もまた、小さくてもいいので、
周りをあたたかく照らせるろうそくであれたらいいなと思います。

そのろうそくがいくつか集まって、
少しずつでも"何か"を変えていけるなら、素敵なことだと思います。


posted by makoto at 02:13| Comment(2) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

トップランナー『レスリー・キー』

今日は、NHKの番組『トップランナー』
収録を観てきました!

ゲストは、写真家のレスリー・キーさんですね!

☆トップランナーHP
☆レスリー・キーさんHP

(かなりすごい量の作品が載っています!)

2週間前、『題名のない音楽会』の収録を観に行った後、
他の収録も観に行ってみたいなとすぐに申し込んでみたら
見事当選してくれたんですよね!
(以前何回か申し込んだときは、いずれもハズレだったんですけどね。)

ゲストが写真家の方なので、
ぜひ観に行ってみたいと思って申し込んだのですが、

実は、レスリーさん自身のことは
正直今までよく知らなくて、

調べてみたら、
多数の雑誌で表紙を飾る写真を撮っていたり、

浜崎あゆみさんや倖田來未さんのCDジャケット
撮っているみたいです。
(上記のレスリーさんのHPで見ることができますよ!)

番組を楽しみにされている方もいると思うので
詳細はあまり書けませんが、

でも自分にとって今日の収録はめちゃくちゃ面白かったですね!

何て言うか、レスリーさんの考え方がすごくいいんですよね!

(特に、ポジティブで、相手のいい部分を
 引き出そうとしているところがいいですね!)

すごく参考になることが多くて、
自分でもこんなふうに写真が撮れたらいいなって
心から思わせてくれる写真家ですね!!

そんなふうに思わせてくれる写真家は
友人のけいすけ(平井慶祐)に続いて2人目ですね!


放送日は
 『3/5(金)深夜0:10〜』
ということなので、もし気になった方は観てみてくださいね!

自分も今から楽しみにしています!

もしかしたらちらっと映ってるかもしれませんね!


posted by makoto at 22:50| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

ワールドカフェ

今日は友人の主催する
ワールドカフェという手法を用いたイベントに参加してきました。

ワールドカフェは、自分も初めてだったのですが、

ひとつのテーマを設定し、そのテーマについて
カフェで話をするようにざっくばらんに話をしていく、
という手法でした。

途中何回かテーブルをチェンジして
考えをいろんな人と共有しながら
深めていく形になりますね。

ワールドカフェという名目では初めてでしたが、
自分が3年前から通っているソフィー(洋書)でも
同じようなことをしているので
特に戸惑いはなかったですね。

今日のテーマは『教育と仕事』についてで、

全部で20数人集まったメンバーで
教育や仕事について話をしていきました。

全体的に教育関係の仕事に従事している人が
多いように感じましたが

こういうことって、
普段ちゃんと話をする機会ってあまりないので
だからこそ有意義な時間になったなと思います。

・好きなことを仕事にするには?

・生きがいとは?

・本業とは関係ないことをすることで得られるものとは?

・学校と地域の関わり方は?


もっと大きく、

・世界のすべての子どもたちに
 教育を提供してあげるにはどうしたらいいか?

・その際、ただ与えるのではなく
 生きる力という意味での教育をどうすればできるか?


など、いろんな話が出てきました。

その中で、特に自分が強く感じたことは、
自分自身についてもそうだけど

自分の周りにいる人や子どもたちに
どうやったら楽しさだったり興味を伝えていけるか、

ということでした。

何でもそうだと思いますが、自分の頭だけで考えていても
なかなかいい答えは見つけられないと思うので

だからこそ自分が楽しいと思っていることや考えについては、
一緒に話をしたり、姿を見てもらうことで
伝えていけたらいいなと思っていて、

逆に自分自身ももっと周りの人から
いいエネルギーをもらっていけたらいいなと
思っているんですよね。

そうやってお互いに与え会うことで
全体としていい方向に進めると思うし、

何よりもっと楽しさを感じられるのではないかと思うんですよね。

そんなに大きく考えなくてもいいので
まずは身近なところからそういったことができたらいいなと思います。

「話をする」ということの力と可能性を
改めて感じられた夜でした。


posted by makoto at 01:24| Comment(3) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

玉川一郎さん勉強会(3/21)

今日は本当にいい天気でしたね。
空気が柔らかく輝いている感じがしました。
そろそろ東京も桜の季節になりますね。

今日は前回1月に続き2回目となる
玉川一郎さんの勉強会に参加してきました。
(前回のときの感想はこちら

玉川さんはマインドマップやフォトリーディングの
講師をやられている方ですが、

マインドマップやフォトリーディングの話に加えて
玉川さんの営業法や起業時の話を聞かせて頂きました。

営業法も起業の話も実際にしてきた人だからこそ話せる
説得力と具体性がありますね。

またマインドマップを使った英語の語彙力の増やし方や
いくつか紹介して頂いたツールも
まずは一度試してみれたらいいなと思います。

今日聞いた話で一番心に残っているのは

『一期一会の心で1回1回の満足度を上げる』

ということ。

そのとき自分にできることを全力でやって
相手に満足してもらえることを続けていけたなら
きっとそこに道はできるのかなと思います。

始めから道は整っているわけでも
先がつながっているわけでもないだろうけど

満足してもらえることを続けていけたら
いつの間にか道と呼べるものができているのに
気付けるのかなと思います。

今自分の道がはっきりと見えているわけではないですが、
今できることを全力でやっていけたらいいですね。

そこに道ができていたらうれしいなと思います。



posted by makoto at 00:08| Comment(2) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

キャリアプログラム

今日は旅つながりの友人の紹介で
中学校での授業を見学してきました!

授業とは言っても普通の授業とは違っていて、

講師が「学校の先生」ではなく、

自分と同じように会社員として仕事をしている人や、

独立して自分で仕事をしている人たちで、

そういう普通(?)に働いている人が講師になります。
(学校の先生が普通でない、という意味ではないですよ。)

友人がそのプログラムのスタッフをしているんですよね。

もう今回で32回目を迎えるということです。

☆OiE(おとな・イン・エデュケーション)キャリアプログラム
 http://www.otonaineducation.org/
 http://blog.livedoor.jp/oieblog/


中高生にとって、学校の先生以外で
実際に働いている生の大人たちの声を聞くことって
ほとんどないと思いますが、

そんな中高生に

「カッコいい大人の背中を見せたい!」

というのがコンセプトになるということです。

実際今日自分も教室の後ろで話を聞かせてもらいながら

「自分も中高生のときにこんな話をしてもらいたかったなぁ」

と思いながら聞いていました。

今回講師役をやられた方は

メーカー勤務、商社勤務、コンサルタント、
ライター、ウェディングコンサルタント、NPO代表、


といった6人の方だったのですが、

中学2年生の6クラスに対して、
それぞれの方が1クラス1時間の授業を
1限、2限の計2回行う形となっていました。
(1限と2限は違うクラスで授業を行います)

自分はその中の2人のクラスを見学させて頂いたのですが、

「仕事とは何だろう?」

とか

「その仕事で何がしたいんだろう?」

とか

「関心を持つことの大事さ」

だったり

「足りないものを見るのではなく、あるものを見る」

という考え方だったり、

その仕事に就くまでの経緯や、仕事の体験談を交えながらの話は、
自分にとっても非常に興味深いものでした。
(質問したり、笑いをとったり、教室の後ろから話を始めたり、
 授業の進め方を見てるのもすごくおもしろかったです。)

こういったことって、もしかしたら今すぐには
すべてが伝わるわけではないかもしれないですが、

でも絶対どこかで効いてくると思うんですよね。

実際に聞いたことがある、やったことがあることって
その瞬間にはわからなくても、
いつか絶対その経験が生きてくると思うんですよね。


だから今日の中学生にとっても
すごくいい時間になったんじゃないかって思います。

どうですか?

もしこれを読んでくれているあなたに
1時間の時間が与えられていて

中高生に対して話ができるとしたら、
どんな話をしたいですか?

そこにどんなメッセージを伝えたいと思いますか?

この質問は当分の間、
自分自身が考えたい質問でもあるんですよね。

そしていつか自分もこういった形で話ができたらいいなと思います。

カッコいい大人。

そういう大人に自分も近づいていけたらいいなって思いますね。


p.s. 実は今日、小学校の教員を目指している
   大学生の弟も連れていったのですが、

   弟にとってもいい刺激になっていたようで
   見学が終わった後、1時間くらいカフェで話を聞いていたら
   いろんな話がでてきて、それもまたよかったと思います。



posted by makoto at 01:26| Comment(2) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

中村隊長講演会

今日は地球探検隊中村隊長の講演会に行ってきました!
http://www.givers-seminar.com/

隊長の講演には何度か来ているのですが
何度聞いてもいいんですよね。

<参考に以前参加したときの感想はこちら>
・中村隊長 新刊出版記念パーティ!
・中村隊長&鬼丸昌也さん講演会@
・中村隊長&鬼丸昌也さん講演会A
・Yes,andで人生をワクワク生きているカッコいい大人と語ろう♪

旅つながりの仲間からは、
事前に行くという話を聞いていたので
会場で会っても驚きはしなかったのですが

NLPつながりの仲間とは、まさかここで会えるとは
思っていなかったので驚きました!

いろいろつながってくるんですね!

今日の隊長の話は、自分なりに感じたテーマを書いてみると

『人生を楽しめる「大人」になろう!』

というものでした。

自分も地球探検隊を知ってからもう2年になりますが、

隊長もそうですが、ここに集まってくる人って
本当に人生を楽しんでいる人が多いんですよね。

一緒に旅をしていたって
ちょっと何かあったとしても

それをトラブルととらえるのではなく

その環境をどう楽しめるか?

と考えられる人ばかりなんですよね。

年齢も職業も超えて
下手をするとニックネームで呼び合ってるので
本名を覚えていない人も多いのですが

だからこそその人自身の魅力が伝わってきますね。

自分もこうありたいと思わせてくれる人に
いっぱい出会えたこの2年間でした。


そういった人にいっぱい出会えたってことが
自分の20代後半において一番よかったことだなって思っています。

少し講演の内容に話を戻すと

人生を楽しくするコツとして中村隊長が言っていたことで、

・格好を気にするのでなく、いかに開き直れるか?
 (心のバリアをなくせるか?)

・人を喜ばせることが自分のパワーになる

・受け止め方の違い、視点の違いでささいな日常も変わってくる
 (逆に言うとそんなささいな日常を楽しめるのが本当の大人!)


といった部分が自分の印象に残ったところでした。

話の中に笑いをまじえながら
でも引き込むところは引き込む、


そういったところも、自分も真似していきたいですね。

それと講演の最初に自分が内モンゴルを旅したときに
メンバー全員にDVDにして配った映像が流れたのですが

それを見ながら、うれしさ半分、

もう半分は、

「どうしたらもっと伝わる映像にできるだろう?」

って考えていました。

もちろん一緒に旅した仲間に贈るものと
知らない人に見せる映像が同じ作りになるわけではないのですが

でもこういう講演会という場で
自分の作った映像を見れたことで
これからまた映像を作っていく際のいい参考になりました。

隊長とはまた2週間後に
今度は雪合戦大会(国際大会)に一緒に参加するので

できればそのときに今日感じたことを活かせたらいいですね。
(またビデオカメラを持っていこうと思っているんですよね(笑))

気付いたら20代も残り1週間を切りましたが、

30代は隊長のように自分が感じたことを
もっと周りに伝えていけるようになれたらって思っています。


30代に目標にしていることについても
また別に書けたらいいなと思います。

そういえば今日、自分の住んでいるところでも
ちらっとですが雪が降りましたよ!
posted by makoto at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

玉川一郎さん勉強会

今日はNLP仲間の人に企画して頂いた
玉川一郎さんの勉強会に参加してきました。
(玉川さんのHPはこちら

玉川さんは、マインドマップフォトリーディング
講師をやられている方で

今日もマインドマップフォトリーディングの内容に加えて、

プレゼンをする際や講師をする際に
押さえておいた方がいい点
を教えて頂いて、

非常に気付きの多い一日になりましたね。

特に自分にとってよかったのは、

「人に何かを伝える」

ときのポイントを教えてもらえたことで、

例えば、

伝えるときの表現についてだったり、

質問の作り方であったり、

場の作り方であったり、


普段なかなか聞けないような話を聞けたのがよかったです。

「人に伝える」ということは
自分が今深めたいと思っている技術のひとつで

そのヒントをたくさん得られたのがよかったですね。

懇親会にもそのまま参加して、
結局3日間連続での飲み会になりましたが
またいろいろ話を聞くことができて楽しかったです。

こんなふうに場を作って誘ってくれる人がいるというのは
非常にうれしいですね。

自分も提供してもらうばかりでなく、
自分にできることを提供していけるように
していけたらいいなと思いますね。
posted by makoto at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューイヤートレーニング

昨日、今日の2日間、
「ニューイヤートレーニング」を受講してきました!

昨年、NLPの「プラクティショナーコース」、
「マスタープラクティショナーコース」

年末の「フォトリーディング」
芝さんの講座を3つ受講していましたが

今回の講座も講師が芝さんで、
もしかしたら今年も芝漬け(?)になってしまうかもしれませんね。(笑)

でもやっぱり参加してよかったなと思うのは
新年を迎えたこの時期に
今年一年をどう過ごしたいかをしっかり考えられたことですね。

それと今自分が深めたいと思っている分野について
すごく詳しい方と同じグループになったり
懇親会でも席が近かったりして、
いろいろ生の話を聞くことができて
そういった意味でも非常にいい時間を過ごせたなって思います。

実は明日もNLP仲間の人に誘って頂いて
勉強会に参加してくることになっているんですよね。

この3連休で今年一年のいい方向づけができていると思うので
あとはそれを一つずつ実行していくだけかなと思っています。

一つ一つやることに、今年は目的意識を持って
取り組んでいけたらいいなって思います。
posted by makoto at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

フォトリーディング

昨日、今日の2日間、
フォトリーディングの講座を受講してきました!

もしかしたら最近勝間和代さんの本でも紹介されているので
知っている方も多いかもしれませんね。
(本はこちらを参照)

講師は先月始めまで受講していたNLPと同じ芝先生になります。

フォトリーディングは簡単に言うと速読の一種になると思いますが
厳密に言うと違ったものになるということです。

従来からの読み方のように
初めから一字一句を読んでいくというわけではなくて、

最初に全体を捉えてから
大事な部分を抜き出して読んでいく手法になります。


この抜き出していくという部分がおもしろくて、

従来の学校で教わったような読み方が
文字を追っていくだけの左脳的な読み方だとすると、

フォトリーディングの読み方はそれに加えて、
ページ全体を1枚の写真のように捉えて
自分の中に取り込んでいく右脳的な読み方も加わっています。


この左脳と右脳を両方使って読むことが、
読むスピードを上げるのと同時に、
内容をより深く自分の中に取り込んでいくのに
役立っているということなんですよね。

この文章だけを読んでもどんな読み方か全然わからないと思いますが、
なかなか言葉で伝えるのは難しくて、
自分もいろいろエクササイズを通して体で理解していったという感じなんですよね。
(「体で」と書いているのは、いきなり頭で理解しようとしても
 難しい部分があるなと感じているからですね。)

でも、本を読むときのスピードや、理解度、集中力、読む目的の明確化、は
参加する前と比べて、この2日間だけでも全然違っているのを実感できていて、

これから実際にこの手法を使って何冊も読んでいくことで
自分の中に落とし込んでいきたいなと思っています。

とりあえずの目標は、

「今から1か月以内に本を10冊読む」

としているのですが、この目標は簡単に達成できる目標だなと思っています。

何より本を読みたいという欲求がものすごく上がっていて、
今日も帰りに4冊本を買ってきてしまいました。(笑)

単なるテクニックとしてではなく、
こういう発想法があるというのがわかったのがうれしくて、

今後自分が本を読んでいく中で、情報をどんどん吸収していって
数年後にどんな姿になっているかを想像するのも楽しいですね。


今年はこれで、講座に参加するという意味では勉強納めですが、
また来年につなげられるいい2日間になったなと思います。

今年はいっぱい動いて、いっぱい勉強した1年になりましたが、
それだけに充実した1年になりましたね。

今年もあと3日ですが、明日か明後日にちゃんと時間をとって
今年の振り返りもしたいと思っています。
posted by makoto at 00:04| Comment(3) | TrackBack(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

クリスマスチャリティに行ってきました!

クリスマスチャリティ1.jpg

昨日クリスマスチャリティ
ディズニーランドに行ってきました!

今回は北は北海道から、南は鹿児島から
計4施設の子どもたちを招待していて、

子どもたちだけで200人を超える人数だったと思います。

それに先生や大人たちを合わせると
総勢500人くらいの規模になりますね。
(人数はちょっとあやふやですが、それでもすごい人数ですね。)

自分たちのグループはその中で、
9歳、10歳、11歳の男の子3人と一緒

3人ともみんな素直で元気な男の子たちで

それに引率の先生と大人5人を合わせて計9人で動いていました。

子どもたちに希望を聞きながら
アトラクションに乗っていったのですが
ずっと笑顔で楽しい時間を過ごせました。

一番始めに乗りたいと言っていた
ウェスタンリバー鉄道にも乗ることができたし、

ゴーカートやスタージェットでは
3人の中で誰が一番早いか、
誰が一番高く飛べるかなんて競い合っていたり、

スターツアーズやミクロキッズでは
子どもたちの反応を見ているのも楽しかったです。

途中合間に昼ご飯を食べたり、
お土産を買いに行ったり、
パレードを見たりして、

最後の締めくくりは、蒸気船マークトゥエイン号でした。

その後は一旦ディズニーランドから場所を移して、

主催者のジェームス・スキナーさんから
子どもたちに向けて講演があって、

最後にバスに乗って帰る子どもたちを見送って、
クリスマスチャリティは終わりになりました。

自分は普段ほとんど子どもと接することはないのですが
この日1日子どもたちと一緒に過ごしていて

いつも満面の笑顔を見せてくれたことや、

一緒に乗ろうって言ってくれたこと、

いろんな話を聞けたこと、

講演のとき席が別々でも、目が合うとずっと手を振ってくれたり、

最後の見送りでも、見えなくなるまで
手を振ってくれたことがすごくうれしかったですね。


毎回思うことですが、
やっぱりこういう1日を過ごせることっていいですね。

きっと一生忘れられない1日だなと思います。

子どもたちにとっても、ずっと心に残る1日になってくれていたら
うれしくなります!


心から『Merry X'mas!』って言いたいなって思います。

クリスマスチャリティ2.jpg
posted by makoto at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。