2010年12月29日

2010年の振り返りと今年の一字

2010年も残すところあと3日ですね!

今日で今年の仕事納めで
年末年始の休みに入りました。

今年一年は例年にも増して動いていたような気がしますね!
(なんか毎年そんなことを言っている気もしますが(笑))

そんな今年一年を振り返ってみたときに
浮かんできた今年の一字

『応』

という一字でした。

今年はいろいろなところで頼まれたことに
自分なりに『応える』ことができた
一年だったなと思うんですよね!

それって実は自分にとってすごく意味があることで、

例えば、今年の2月の雪合戦のツアーに
地球探検隊(旅行会社)から頼まれて
スタッフとして同行することができたり、

そこからつながって、
魚沼の古民家再生の記録を撮ってほしいと頼まれて
気づいたら今年は計6回魚沼に行っていたり、

他にも、身近な友人からの頼まれ事だったり、

結婚パーティーの撮影だったり、


ひとつひとつにちゃんと向かい合いながら
対応することができたなと思うんですよね。


やっぱり頼んでもらったからには
自分にできることは最大限出していきたいって思うし、

いい意味で毎回予想を超えていきたいって思うんですよね。


自分が人にプレゼントするときに
気をつけていることですが、

ほんのちょっとの気遣いで
受け取ったときの気持ちが変わるなら

そのほんのちょっとを少しずつでも
高めていきたいなって思うんですよね。

そのために必要なことだったら
自分はいろんな準備や調整事も
していきたいなって思っています。


そういう意味で、今年も自分で作成したDVDを
計111枚配れたことはよかったなと思います。

決して数の問題ではないと思いますが、

自分がムービーの編集を始めた3年前から
3年連続で100枚以上配れたってことは
1つの自信になりますね!

(ちなみにこの3年間で計450枚ほど配れましたよ!)

1回だけで終わるのではなく、
少なくとも3年間は続けられたということ。

この『続けられること』

自分が考える自分の一番の長所かなと思っています。

あとはその続けてきたことを次にどうつなげていくか、

それが来年の課題かなと思いますね。

実は今日も友人と来年のことで
4時間近く語っていたのですが、

来年の目標は少しずつでも

『人を巻き込んでいけるようになること』

なので、まさにそんな話ができてよかったです。

それは、1人でできることには限りがあって
何かしようと思うなら必ず他の人の力が
必要になってくるからですね。

そして人を巻き込んでいこうとするときの
『責任感』みたいなものを持った上で
行動していけるようになりたいっていうのもありますね!

その『責任感』を持った上で、

届けたいという『気持ち』の部分と

実際に受け取った人の心を動かせるだけの『技術』の部分を
バランスよく高めていくことが、

自分がずっと意識したいなと思っていることなんですよね!

まだまだだなって感じることも多いですが
そこを突き詰めていくことが
自分の一生の道なんじゃないかなとも思っています。

来年がまたどんな一年になるかはわかりませんが、

振り返ったときに笑顔になれる瞬間を
周りにどれだけ作っていけるか、


そんなことを意識した一年を
来年は送れたらいいですね!

今年もあと少しですが、
皆さんもいい年末年始をお過ごしくださいね!


posted by makoto at 02:02| Comment(4) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旅人さん、いい一年でしたね。

そのほんの一部ですが、一緒に過ごすことができて、私もうれしいです。
DVDありがと〜!!!

来年も、お互いがんばろうね!!
 
Posted by ひろみ at 2010年12月29日 19:18
> ひろみさん

本当に今年はいろいろありがとうございました〜!

また来年もお互いがんばっていきましょうね!
Posted by makoto at 2010年12月29日 23:39
昨日、そっちにも行きたかったわあ。
誰が集まったん?

こっちでも熱苦しい会をやってたよ。
昨日の夕方ようやく思いついたけど、
ちなみに自分の一文字は「探」でした。
一番ぴったしくる一文字かな、と思ってます。
Posted by にっしー at 2010年12月30日 12:47
> にっしー

28日はもりくん+2人の計4人で、
29日はきんぴらくんと2人で語ってたよ。

今年はいろいろありがと〜!
来年もまた語りましょう〜!
Posted by makoto at 2010年12月31日 12:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: